職業と資格別

看護師の資格を活かして家で仕事をするための始め方、コツやポイント

看護師の資格を持っていると、さまざまな病院で働くことができます。地域密着型の規模が小さな病院から街中にある大病院まで、看護師が勤務する場所はたくさん存在するでしょう。仕事内容が多くハードであるため、看護師として毎日忙しく働いている人も多いです。

そんな中、看護師の資格を持っているけれど外に働きに行けないというときに、家での仕事がおすすめです。資格を活かして自宅で効率よく仕事を行なうことができるのです。一体どのような仕事があるのか、メリットやデメリット、始め方のポイントなどを紹介していきますので、是非参考にしてみてくださいね!

看護師の資格を活かせる仕事とは

看護師の資格を活かしながら在宅でできる仕事は、いくつか種類があります。どんな仕事があるのか、具体的に解説します。

・メディカルライター

看護師の資格は、現場以外の自宅でもしっかり活かすことが可能です。その1つが、メディカルライターの仕事です。

クラウドソーシングに登録をして仕事を探してみると、ライティングのところに看護師としての知識を求めている案件があります。実際に医療現場で学んだ知識を生かすこともできる仕事です。看護師や薬剤師として専門知識を持っている人ができる業務にもなり、メディカルライターと呼ばれています。

専門知識と同時に、文章を作成するスキルも求められる仕事です。その分、一般的なライター業務より高単価になっているものが多く、自宅でもしっかり収入を得ることができます。

継続案件として紹介されている業務もあるため、自宅にいながら働き続けることができるのです。

・健康診断サポート

看護師の資格を活かしてできる仕事には、健康診断サポートというものもあります。

医療機関や役所などでの健康診断において、採血や測定などを行なうのが主な仕事内容になります。時給は1,500円程度と、一般的なバイトやパートに比べると高単価です。

健康診断を実施している場所へ出向く必要はありますが、毎日ではなく不定期となっているため、自分の都合と合わせてスケジュールを組むことができます。看護師ならではの夜勤がないので、規則正しい生活を続けることができ、睡眠時間もしっかり確保できるでしょう。

・イベントナース

コンサートやイベントが行なわれる会場での救護ブースで対応するのが、主な仕事内容になります。急に具合が悪くなった人に応急処置を行なう必要があり、看護師の資格を持っている人でないと処置ができません。そのため、イベント会場では求められる存在なのです。時給は1,200円ほどとなっています。

スケジュールに合わせてイベントナースの求人に申し込むと、イベントナースとして活動することが可能です。

・ツアーナース

修学旅行や団体旅行などに付きそうのが、ツアーナースの仕事です。

短期間で高単価という嬉しいポイントがあるため、求人が出るとすぐに埋まってしまうほどの人気となっています。国内だけでなく、海外旅行の付き添いで一緒に回ることもあります。

旅行者の体調不良に対応したり、健康状態のチェックを行なうなど、看護師の資格をしっかり活かせる仕事内容でしょう。単発案件であることから、都合に合わせて予定を組めるというメリットがあります。

・治験

厚生労働省の指導のもと行なわれる臨床試験を治験と呼び、1日に12万円程度の報酬を得られる高収入な案件となっています。

臨床試験を始める前に、無料で健康診断を受けられるというメリットもある仕事です。

治験には通院タイプと入院タイプの2種類があり、通院タイプを選択すれば日帰りができるようになっています。運動や食事においてやや制限がかかる場合がありますが、看護師として人の役に立ちたいと考えるときにおすすめの仕事と言えるでしょう。

看護師の資格を活かした仕事、メリットやデメリットは?

看護師の資格は、医療の現場以外にも活かせる場がたくさんあることがわかります。

自宅にいながらできる仕事や、たまに外出をして外で働く方法など、看護師だからできる仕事もあります。では、看護師の資格を活かした仕事には、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

メリット

看護師の資格を実際の医療現場ではない場所で活かすのは、今では多くの人が行なっている働き方です。そのメリットにはいくつかあり、自由な働き方ができるというのが最大の魅力にもなっています。

  1. 自分の都合に合わせて仕事を入れることができる
  2. 短時間で高単価な案件も多いため、効率よく収入を得られる
  3. 家族との時間を増やすことができる
  4. たまには外の空気を吸いたいというときに、単発の案件を引き受けることが可能

自宅で自分のペースでできる仕事の他にも、イベント会場や健康診断が実施されているところへ行き仕事をするという働き方もあります。そのため、適度に気分転換をしながら続けられる仕事と言えるでしょう。

デメリット

続いて、看護師の資格を活かした仕事においてデメリットはあるのでしょうか?メリットの方が多い傾向にありますが、デメリットも0ではないので理解しておきましょう。

  1. メディカルライターは、自分でスケジュール管理を行ない進める必要がある
  2. スキルや知識を高めるために、医療分野の情報には常にアンテナを張り巡らせておいた方が良い
  3. イベントナースやツアーナースは、思うように仕事に入れないこともある

看護師の資格を活かせる仕事内容がいくつかあるなかで、イベントナースやツアーナースについては、自分が希望している仕事をもらえるかどうかがはっきりしません。また、仕事をもらえないこともあります。

短期間で高収入を狙える仕事とは言え、まめにスケジュール管理と求人チェックをする必要があるでしょう。

また、メディカルライターに関しては、自宅で仕事をできるというメリットがある一方で自己管理ができていないと成立しません。

納期に遅れてしまったり、家事や育児で思うように進められないという事態も想定されるため、しっかりと自身で管理できる人に向いています。その上で、常に医療に関する情報に敏感になっておく必要があるため、日々勉強といった感じになります。

自宅で看護師の資格を活かすコツとは

看護師の資格を活かせる仕事にいくつかの種類がある中で、自宅で知識を活かしたいという人も多いでしょう。その際におすすめなのがメディカルライターとなっていますが、継続して作業を行なう上でコツやポイントがあります。

看護師の資格を活かすためにも、以下のポイントを押さえておきましょう。

しっかりとスケジュール管理を行なうこと

在宅での仕事は、通勤時間がかからず自宅が職場となるため、時間を有効に活用できます。しかし、その分大変になるのがスケジュール管理です。いつまでに記事を納めなければいけないのか、イベント会場はどこに向かうのか、どれぐらいの時間を要するかなど、さまざまな点をすべて自分で管理することになります。

漏れのないようにしなければいけないため、手帳に細かい予定もきちんと書き留めておくようにしましょう。子育て中のママであれば家族との予定もありますし、学校や幼稚園などの行事なども入ってきます。どれも抜かりのないようにするためにも、細かいスケジュール管理は必要となるのです。

看護師として誇りを持って取り組むこと

看護師として現場で働いてきた人が在宅での仕事を始めようとするケースが多いなかで、現場からは離れるものの看護師としての誇りをしっかりと持った上で仕事に励むことが重要です。

資格を取るために努力してきた日々や、現場での経験は決して無駄にはなりません。その経験があるからこそ、在宅での仕事を引き受けられるようになるのです。

看護師としての誇りを持って仕事に取り組むことで、ますます仕事の成果を上げることもできるでしょう。

例えば、メディカルライターの仕事なら、クライアントに満足してもらい継続して案件を引き受けられるようになるといったこともあります。外に出向く健康診断においても、丁寧に取り組んでくれるので心強いなど、人々はしっかりと評価してくれるでしょう。それらを自信にして仕事に取り組むことで、ますます看護師の資格を取ってよかったと思えるようにもなります。

クラウドソーシングに登録するなら大手を選ぶこと

看護師の資格を持っている人の多くが実施しているというメディカルライター、実際に案件を引き受けるまでにはすべきことがいくつかあります。

最初に必要なのが、メディカルライターの案件を掲載しているクラウドソーシングに登録することです。無料で登録できるサイトがほとんどなので、登録のあとプロフィールなども充実させておきましょう。

このクラウドソーシングの会社は、大手企業を選ぶことが大切です。実績や求人数が多い方が、より信頼できるサイトと言えます。

ちなみに、現在おすすめとなっているのは「クラウドワークス」というサイトです。求人数も多く、安心できる企業となっています。まずは気軽に登録をして、どのような案件があるのかリサーチしてみましょう。

看護師が家でできる仕事の始め方

看護師の資格を活かして自宅で仕事を始める上で、必要なものを揃えたり、環境を整える必要があります。そこで、実際に家で仕事を始めるための手順を紹介しましょう。

パソコンやデスクなどの設備を整える

自宅でできる看護師の資格を活かした仕事といえば、メディカルライターが一般的です。このメディカルライターにおいては、パソコンがないと作業を行なうことができません。ワードやメモを使って記事を執筆することになるため、自分のパソコンがない人は用意をしましょう。

パソコンの他に、仕事をする環境も整える必要があります。パソコンを置くデスクや椅子、夏場や冬場も快適に作業ができるようにエアコンがある部屋も理想でしょう。また、場合によってはプリンターがあると便利なケースがあります。請求書の発行や資料の印刷など、使う頻度は少ないかもしれませんが、あると便利でしょう。

1日のスケジュールを確認した上で作業に取り掛かる

在宅での仕事を探している人の多くは、外に働きに行くのが困難だという人がほとんどです。

育児や介護などで家を空けられないという人で、看護師の資格を自宅で活かしたいと考えている人におすすめの仕事内容にもなっています。

自宅で仕事を行なう際、家事や育児、介護などの時間も踏まえた上で作業する時間を確保する必要があります。午前中のうちに家事を済ませて、午後になってから仕事に取り組む、午前2時間、午後2時間と分けて作業をするといったように、家庭ごとの生活リズムに合わせてスケジュールを組んでみましょう。

オンとオフ、しっかりと切り替えをする

自宅でできる仕事は、自分のペースに合わせてできるというメリットが大きいです。しかし、仕事以外の予定も把握した上で予定を組む必要があります。また、ずっと家の中で作業に集中していると、ストレスや疲れが溜まってしまいます。

そこで、オンとオフの切り替えをしっかりと行ないましょう。たまには外を散歩したり、友人とお茶を楽しんだり、リラックスして息抜きできる時間を作ることが大切です。しっかりリフレッシュできると、また仕事にも集中できるようになります。

自宅での仕事は、人と接する機会が極端に少なくなるため、外に出るのが億劫になりがちです。楽しみなことを目標に、作業に励むのも良いでしょう。継続して自宅で仕事をするためにも、切り替えを上手にできるよう工夫をすることが重要なのです。

終わりに

看護師の資格を持っている人の多くは、病院といった現場で働いていることでしょう。しかし、育児や介護などで外に働きに行けない人もいます。

そんな人におすすめなのが、自宅で看護師の資格を活かした仕事を行なうという方法です。中でも高単価で効率よくできるのが、メディカルライターでしょう。看護師の知識を活かしながら、自宅で収入を得ることができます。

家でできる仕事には、メリットの裏にデメリットも存在するため、その両方を理解して始める必要があります。また、自宅で仕事を始めるのなら、しっかりと環境を整えスケジュール管理を行ないながら続けるようにしましょう。適度に息抜きをしながら行なうことで、より仕事にも集中できるようになります。